狙われた女神天使エンゼルティアー〜守った人間達に裏切られて〜 Glamorous Edition 〜儚く啜る生真面目女神天使◆〜

h_357achdl1055.jpg
  • 発売日:2017/05/26配信日:2017/3/08(水) 12:10
  • 収録時間:60分
  • シリーズ:狙われた女神天使エンゼルティアー〜守った人間達に裏切られて〜
  • メーカー:PoRO
  • レーベル:PoRO
  • 製品品番:h_357achdl1055
- story -

いやらしさinnovation「coquttishdoll・PoRO」最新作!!「可愛くてジュ〜シィ」な女神天使がぎゅぎゅっと濃縮超絶降臨っ!エロ可愛真面目ッ娘な女神天使が、魔族から人間達を助けるために、強制的にご奉仕させられる、助けているはずなのに辱められているという、エロさ凝縮、女神天使の濃厚痴態でおもてなし!さらには圧倒的な強さを誇る魔界のプリンセス・摩耶に命じられるままにパパのような存在の肉棒をしゃぶりハメ抜きまくる!恥ずかしくとも止められることのない恥辱に必死に抗いながらも堕ちていく女神天使の艶やかで淫らな姿をたっぷり収めたDVD版が登場ッ!今作を是非ッ珠玉のHENTAIコレクションにっ!パッケージは新規描き下ろしですっ!注意・本編内容は発売中の「女神天使・優理〜啼きしゃぶる肉棒おもてなし!」(JAN4562215334005)「狙われた巨乳無垢・優理〜護った笑顔に堕とされて!」(JAN4562215334029)と同じになります<STORY>【女神天使・優理〜啼きしゃぶる肉棒おもてなし!】舞島優理は混乱している。痴漢にあっていた帰り道のバス。そこに助けに現れたのは学園の女教師・静海涼音先生。スタイルもよく授業も面白くきれいなお姉さんという生徒に人気の高い美魔女。しかしその姿は普段と違っていて……むっちりと張りでた巨乳を潰されるように揉まれ、スカートの中から武骨な手を入れられぷっくりとした膨らみを擦られ弄られていたところを救われた優理は、涼音先生から教えられる話の展開には驚きつつも、現世が魔界に侵食されつつあり、それを防ぐために、人間を助けるためにホーリールージュという女神天使として涼音先生は戦っているということ……そして、その戦う力を優理も持っているということ。それらを理解し自分もこの世界のためにと戦う決意をするのであった……のだが……「に、逃げてくださいッ………ヤダッ、ダメ……そこはっ……」魔族に仕込まれた木製触手に絡まれてしまったエンゼルティアーという女神天使として戦っていた優理。公園で屯するホームレスの男達の前で無防備に拘束されてしまうと、男達はにやけながら我先にとその無防備な肢体を触り揉み弄りまくっていくのであった。魔族の瘴気に汚染された男達は欲望を剥き出しにただ襲うだけの獣と化していたのである「こんなことでッ」ピンチを切り抜けるには必殺技とばかりに光属性の攻撃で脱するかと思われたが……「そ、そんな……うそっ」魔族は言う……精子を汚染しているのですよ。それを浄化するには、その精子を吐き出させてやらなければいけませんねぇその意味をきちんと理解するには……あまりにも純粋無垢な優理であった……【狙われた巨乳無垢・優理〜護った笑顔に堕とされて!】助けるために奉仕し続けているエンゼルティアー白濁に塗れながら権藤の果てのない射精輪廻へと陥るかというその時……急に響く声倒れこむ権藤にエンゼルティアーは救われた………と思ったのもつかの間その背後から現れたのは魔界の王の娘と名乗る摩耶であった……「あ、あなたの好きにさせませんっ」辛うじて抵抗の意思を見せるエンゼルティアーだが「精液塗れのボロボロの姿で言われてもねw」蔑まれると同時に見せつけられる圧倒的な力の差「智君や、貴方の大事な人たちがどうなってもいいの?」正体を知られた上に身近な人間たちを人質にとられてしまい「フフ、あなたはただ従えばいいだけよ。わたしの楽しみにね」不安を誘う摩耶の言葉とともに眼前に突き出されるのは父のように慕っていた丸山の屹立した一物であった。摩耶にころっと言いくるめられ、優理を救うための言葉とともに歪な笑みが広がる身近な存在を……哀しげに見上げるだけのエンゼルティアーであった。

  • 狙われた女神天使エンゼルティアー〜守った人間達に裏切られて〜 Glamorous Edition 〜儚く啜る生真面目女神天使◆〜は2017/05/26に発売となっております。
  • 動画を見つけ次第掲載させて頂きますので、ユーザーブックマーク機能をご使用下さい。発売日当日か後日掲載させて頂きます。
  • Loadingマイアニメ動画追加 マイアニメブックマークページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エロアニメ無料動画像の最新記事一覧 10月24日~25日 追加分

サブコンテンツ

このページの先頭へ